海外赴任妻 in ケンタッキー

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニバーサルオーランドリゾート

<<   作成日時 : 2011/12/29 10:34   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ユニバーサルオーランドに、ハリーポッターの世界を体験できるセクション、Wizarding world of Harry Potter(以下、ハリポタ)ができたということで、2011年のクリスマス休暇に行ってきました。


ユニーバーサルオーランドには、ILANDS OF ADVENTURE UNIVERSAL STUDIOS の二つのテーマパークがあります。
お目当てのハリポタは、ILANDS OF ADVENTURE(以下、ADVENTURE)の方にあります。
私達同様、ハリポタ目当てにユニバーサルオーランドを訪れる客が多いため、当然の事ながら、こちらの方が混んでいます。


ユニバーサルオーランドには、3つのオフィシャルホテルがあり、オフィシャルホテルの宿泊客は、ADVENTUREに1時間早く入場できる上、ホテルのルームキーを提示すれば、両テーマパークのEXPRESS LINE(優先乗車できる列)に並ぶことができます。
ハリポタ目当てに行かれるなら、ぜひオフィシャルホテルに泊まることをお勧めします


オフィシャルホテルからは、ボートが15〜20分間隔くらいで出ていて、2つのパークの間に位置するシティウォーク(レストランやギフトショップなどがある場所)まで連れて行ってくれます。
ちなみに、徒歩では、5〜10分程かかります


初日は、もちろん、ADVENTUREの方へ行きました。
入場開始後、急ぎ足でハリポタへ向かいました。
パークの一番奥にあるので、結構歩かされました。


到着すると、まずは、ホグワーツの生徒たちをホグワーツへと連れて行ってくれる乗り物、ホグワーツエキスプレスが出迎えてくれます。



そこから、屋根に雪が積もった建物が建ち並ぶホグズミードの中を歩き、最奥に位置するホグワーツへと到着します。






娘達は、ハロウィンの時に買ったグリフィンドール生用のローブを着て行ったので、もう気分はすっかりホグワーツの生徒です(笑)
ユニバーサル内で売っているような立派なローブではないのですが、着ていると、ハリポタ内にいるローブを着たスタッフから、声を掛けてもらえたので、さらに気分が盛り上がりましたよ
また、朝は、小寒かったので、防寒のためにも活躍しました


ホグワーツのお城の中は、一番人気のアトラクション、Harry Potter and the Forbidden Journey とお土産屋さんになっています。
こちらには、エクスプレスラインがないので、1時間早く入場したら、まずここへ来ることをお勧めします。


お城の入り口に辿り着くと、まずはロッカールームへ案内されます。
ここで荷物を預けてから、いざ入場します。
ロッカーが小さいので、パパの大きなリュックを入れるのに苦労しました


お城の中は、映画の中のホグワーツを再現してあり、とても興味深かったですよ。
奥まで辿り着くと、いよいよ乗り物に乗って、Forbidden Journey(禁じられた旅)の始まりです
行ってみてのお楽しみということで詳しくは書きませんが、とてもおもしろかったですよ


ただし、身長制限があるので、48インチ(約122p)以下のお子様は、ホグワーツ城内には入れますが、乗り物には乗ることはできません。
うちの下の娘は、身長をごまかすためにブーツを履いて行ったおかげで、ぎりぎり乗ることができました
途中、ディメンター(吸魂鬼)やアラゴグ(巨大蜘蛛)が出てきて怖い思いをすることになるので、怖いのが苦手なお子さんも要注意です


さて、1時間早く入場した利点を活かすために、次にハリポタファンへお薦めするのが、オリバンダー杖店です
というのも、列の進みが遅いため、長い列ができていて、意外に待たされました。
こちらも、エクスプレスラインがないんです。


ハリポタの物語の中では、店主のオリバンダーが、お客に合った杖を、店内に所狭しと山積みされている杖の中から探し出してくれます。
ここでは、それを体験できるんです。
と言っても、一度に20人くらいずつ入場し、その中から選ばれた1人だけですが・・・
残りの客は、それを見て楽しむことになります。


このショーが終わると、売店へと移動します。
ここでは、ハリポタのキャラクターが映画の中で使っていた杖のレプリカの他、何種類かあるオリジナル杖の中から気に入ったものを自分のオリジナルの杖として買うこともできます。



他に、様々なハリポタグッズも置いてありますよ。
ただ、どれも結構値が張ります。
ローブは、なんと100ドルくらいでした


売り物ではありませんが、こんな物も展示されていました。


                 噛みつく本


              クィディッチのボールセット


さて、ハリポタワールドを満喫するために、もうひとつお勧めなのが三本の箒
我が家は、ここで朝食をとりながら、ハリポタファンなら誰もが知っている、あの「バタービアー」をいただきました
バタービアーとかぼちゃジュースは、三本の箒の前にあるジューススタンドでも買えますが、やっぱり、三本の箒で飲むと雰囲気が出ますよね。
バタービアーは、コーラフロートのような感じで、とても美味しかったので、後で、ジューススタンドの方でも買ってしまいました(笑)
かぼちゃジュースは、おいしそうに思えなかったので、買いませんでしたが、どんなお味か気になります





さて、ADVENTUREには、ハリポタの他に、恐竜をテーマとした「ジュラシックパーク」、ウォーターライド系の「トゥーンラグーン」、ヒーローをテーマとした「マーベル・スーパーヒーロー・アイランド」、アメリカで有名な絵本作家ドクタースースをテーマとした「スースランディング」、アトランティスなど失われた大陸をテーマとした「ザ・ロスト・コンティネント」があり、全部で6つのセクションに分かれています。


子供達が、ハリポタの次に気に入ったセクションは、トゥーンラグーンでした。
こちらは、ウォーターライドなので、濡れるのが前提です。
幸い、この冬は暖冬だったので、昼間なら乗っても寒くはありませんでした。


一応、濡れないように、ポンチョを着て乗りましたが、無駄でした
名前は覚えていませんが、「ポパイ」をテーマとした円形のウォーターライドは、横からざぶざぶと水が入ってくるので、脇の空いているポンチョでは防ぐことはできず、腰の辺りから下がずぶぬれになります
乗り物の真ん中に、防水の荷物入れがあるので、そこに靴も一緒に入れた方がいいですよ。
わたしは、裸足になって乗ったので良かったですが、私の忠告を聞かずに、靴を履いたままだった娘達は、靴がびしょぬれになってしまいました


このセクションには、下の写真のような、数人で入ることができる、全身を乾かすためのドライヤー(有料)が設置されています。


濡れたのが服だけだったらこれで乾かしても良かったのですが、びしょぬれの靴はさすがに難しいので、このセクションを楽しんだ後、一旦、ホテルに着替えに戻りました
気軽にホテルに戻れるというのは、オフィシャルホテルならではの便利な点ですね
驚いたことに、近隣のホテルからの無料のシャトルバスは、朝と夜の決まった時間にしか運航されていないようです


私的には、期待せずに入ったけれど、意外に良かったのが、ロストコンティネントのセクションにある、Poseidon's Furyです。
と炎によるショーで、最初の方はたいしたことはないですが、最後のパートが迫力があって良かったです。
ぜひ、最前列で見てください。

小さなお子様向けなのが、スースランディングのセクションです。
うちは、あまり寄りませんでしたが、とてもかわいいセクションです


ドクタースースの絵本のキャラクターにThing1、2、3というのがいるのですが、このキャラクターのTシャツ、もしくは、トレーナーがお土産品としてお勧めです
兄弟姉妹、もしくは、家族で着ているのを見ると、微笑ましいです
我が家も、娘達2人で、Thing1とThing2のトレーナーを買いました。
周りから好評だった上、着心地も良いらしく、旅行から帰ってからもよく着ていましたよ



夕食は、毎晩、シティウォークで食べました。
日本食のファーストフード店があるので、便利ですよ


最後に、翌日に行ったUNIVERSAL STUDIOS についてですが、こちらは、昔、ハリウッドのユニバーサルスタジオに行ったことがあり、同じものがいくつもあるので、少し新鮮味に欠けましたが、ハリウッドよりもアトラクションの数が多かったです。
日本のユニバーサルスタジオには行ったことがないのですが、お勧めの人気ライドは、おそらく同じようなものでしょうから、UNIVERSAL STUDIOS については、書かないで終わりにしたいと思いま〜す

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニバーサルオーランドリゾート 海外赴任妻 in ケンタッキー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる