海外赴任妻 in ケンタッキー

アクセスカウンタ

zoom RSS ナイアガラフォールズ&ニューヨークの旅 〜ニューヨーク編〜

<<   作成日時 : 2011/07/14 05:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニューヨークでは、毎年夏に、無料の野外コンサートがいくつかのパークで行われます。
その中でも、セントラルパークで開催されるNYフィルメトロポリタンオペラのコンサートは、特に有名です。


できれば、NYフィルのフリーコンサートに行きたかったのですが、残念ながら、今年の夏はなかったため、メトロポリタンオペラの方を見てきました。


劇場と違い、舞台セットや豪華な衣装はないですが、オペラなんてさっぱりわからない私達にとっては、オペラってどんな感じか、気軽に体験できて、よかったです。
下の娘は、興味を持てませんでしたが、お姉ちゃんの方は楽しめたようです


会場内には、出店があり、食べ物やアルコール類を含む飲み物が販売されていたりして、ピクニックシートを広げ、夕食を食べながら、観賞することができるんですよ


注意が必要なのは、ビデオカメラの持ち込みが禁止であること
近くに預けられるロッカーはありませんので、持っていると入場できなくなります。
また、人数制限があるので、早めに行かれることをお勧めします。

画像

     <セントラルパーク内の風景> 〜会場へ向かう道中に撮影〜

コンサートを見るためセントラルパークへ向かって歩いている途中、リンカーンセンターの前にすごい人だかりを見つけました。
何かと思ったら、その日は、「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」のプレミアム上映会が行われ、ダニエル・ラドクリフはじめ、エマ・ワトソンなど、ハリーポッターの出演者達が現れるため、その姿を一目見ようと、多くの人々が集まっていたのです。


上映会は夕方5時からということで、私達が通った時は、もう有名人たちが中に入ってしまった後。
ちょうど、見物人達が散会するところに出くわしました。
『ハリーポッター』が大好きで、特にエマ・ワトソンの大ファンの私と娘達は、その時は、ニアミスをくやしがりましたが、後で聞けば、前日から既に200人以上の人が並んでいたそうなので、どっちにしろ見られなかったんですよね〜
まぁ、「今、この目の前の建物の中にいるんだ」と、思うだけで、興奮できたので、それだけでもラッキーかな(笑)

画像


ニューヨークで観光したのは、まずは、アメリカ自然史博物館。
映画「Night at the Museum」の舞台となったミュージアムです。
映画のシーンを思い出しながら見ると、2度美味しいです(笑)


恐竜の化石の展示が特に人気があるようですが、個人的には、北米の哺乳動物のジオラマを展示してある、North American Mammalsが好きです。
単に動物の剥製が飾られているのとは違い、動物が生きている環境をリアルに再現してあって、想像力を掻き立てられます。
展示物が多く、開館時間の10時に入場し、閉館時間の午後5時45分までいました。



マンハッタンを望む2大ビュースポットの、エンパイア・ステート・ビルトップ・オブ・ザ・ロック
以前、ニューヨークを訪れた際に、エンパイア・ステート・ビルには登ったので、今回は、トップ・オブ・ザ・ロックで夜景を見てきました。


2つを比べてみると・・・、エンパイアの方が高さがあるので、迫力を求めるなら、エンパイアかな。
でも、トップ・オブ・オブ・ザ・ロックでは、エンパイアを目の前に見ることができるため、エンパイア含めた美しいマンハッタンの夜景を眺められる点がいいです。
また、こちらは、展望部分が67・69・70階の3層から構成されており、最上階の70階からすぐ下を見下ろすと、69階の展望部分が張り出しているので、高所恐怖症の方にとって、優しい設計となっていますよ


       夕暮れ時も素敵



       切手になりそうな1枚



ニューヨーク観光で外せないのが、自由の女神ですよね。
子供達は、ここを今回の旅行で一番楽しみにしていました。
以前、私がニューヨークを訪れた時は、フェリーの上から眺めただけでしたので、今回は島に上陸することができるスタチュー・クルーズにしました。


スタチュー・クルーズは、マンハッタン側のバッテリーパーク、もしくは、ニュージャージー州側のリバティー・ステート・パークからフェリーが出ています。
マンハッタン側から乗る人が大多数なので、ニュージャージ側は、そちらに比べ、かなり空いているので、ニュージャージーにあるミツワ(日本の物を取り扱う大型スーパーマーケット)まで足を延ばされる方には、こちらからがお勧めです
ちなみに、ニュージャージー側から乗って、マンハッタン側で降りることもできますよ!
但し、一旦、どちらかのパークで降りたら、もう再乗船はできませんので、戻る時は別の手段で戻るこにとなります


     ステート・パーク内の乗船場


パークから出発すると、フェリーは、自由の女神のあるリバティー島エリス島に寄ります。
エリス島は、移民の島として知られています。
1892年にエリス島に移民局が設けられてから約60年の間に、1200万人の移民がここから上陸しました。
エリス島には、そんな人々の姿を、様々な記録や写真などで紹介する移民博物館があり、見学することができます
その頃に移民した日本人の写真も見つけることもできましたよ。


     ※4は、当時のパスポートです


私的には、歴史を学ぶ良い機会だと、興味深く見学したのですが・・・、パパ&娘達は全く興味なしで、お土産売り場で待っているだけでした
でも、後々、お姉ちゃんは、現地校のソーシャルスタディーの授業で、このエリス島の移民局のことを習ったので、見学しておけば良かったと後悔してましたよ。


リバティー島では、2011年10月までは、自由の女神の中を見学できました。
インターネット(こちら)で、スタチュー・クルーズの予約ができるのですが、その際、フェリーのみのチケットか、台座の博物館の見学&王冠部分まで登ることができるチケット、台座の博物館だけを見学するチケットの3種類から選ぶことができました。


9.11のテロ事件から、安全のため、王冠に一度に入場できる人数は10人以下、1時間当たり3グループと入場制限されてしまったため、1日では、平均で240人しか登ることができません
このため、王冠部分まで登れるチケットは、遅くとも3か月前には予約しないと取れません。
また、台座の博物館でさえ、1か月以上前には予約しないと取れません。
できれば、王冠まで登りたかったのですが、なかなか今回の旅程が決められなかったため、残念ながら、予約を取ることができませんでした


ちなみに、2012年3月現在、改修工事のため、自由の女神の中に入ることはできないので、フェリーのみのチケットだけしか販売されていません。


自由の女神をあんなに楽しみにしていた子供達ですが、想像していたよりも小さかったようで、かなりがっかりしていました

画像



自由の女神の見学の後は、中華街で飲茶と行きたいところですが、連日歩きづめで疲れてしまっていたので、ニュージャージーのミツワへ行き、フードコートで日本食を食べました。
実は、翌日、帰宅前に、ミツワで日本食を買い込んで帰るため、この日は、ミツワの傍のホテルを予約していたのです。
自由の女神見学は、ニュージャージーからの方が空いているため、この日の朝、ニューヨーク側のホテルをチェックアウトし、ニュージャージ側に渡り、そこから、自由の女神の見学へ出かけていたんですよ。


写真左:エリー島経由でマンハッタン側へ戻る船(牛詰め状態
写真右:ニュージャージー側へ戻る船の船内(がら空き



ニュージャージーのミツワ(こちら)は、シカゴよりもフードコートが充実していました。
食べたい物がありすぎて、悩んでしまいましたよ(笑)

画像


     ミツワ ニュージャージー店
     595 River Road,
      Edgewater, NJ 07020
      TEL: (201) 941-9113
  

そうそう、ニューヨーク側からミツワへ訪れる人のために、有料(大人片道3ドル)のシャトルバスが出ているので、ミツワの傍のホテルに滞在し、これを利用して、ニューヨーク観光へ出かける方もいらっしゃるようです。


幸運なことに、ケンタッキーへ戻るその日、ミツワ内で、期間限定の出張クレープ屋さんがオープンしたので、美味しいクレープを味わえました
日本にいたら、いつでも食べられるので、たいしたことに感じられないでしょうが、こちらにいると、こんなことが、とっても嬉しいんですよ


ミツワから我が家までは、休憩なしでも、約14時間かかります。
通常、途中で1泊するような旅程ですが、疲れて観光する余力がない中で、途中泊するのが面倒なのと、ミツワで生ものを買って帰りたいという理由で、そのまま、家まで走りきりました。
さすがに、パパ一人では大変なので、私も運転しましたよ


私は、ウェストバージニアの山道を担当。
この山道の運転は疲れると聞いていましたが、私は、逆に楽しめました
急な坂道を登ったり、降りたりを何度も繰り返すのですが、平坦な道を走るより、刺激があるので、退屈しなくて済むところがいいんです(笑)


ただし、気をつけなくてはいけないのは、急勾配の長〜い下り坂。
スピードが出やすいので、何台ものパトカーがここぞとばかり、狙っているんです
まとめて、3台も捕まっているのを目にしました


帰りの道中は、トラブルもなく、無事帰宅できました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナイアガラフォールズ&ニューヨークの旅 〜ニューヨーク編〜 海外赴任妻 in ケンタッキー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる